新4K8K衛星放送って?

4K8K衛星放送って?

何が違うの?どうしたらみられるの?
そんなギモンにお応えします!

「新4K8K衛星放送」が始まるって聞いたけど?

2018年12月1日(予定)から、
衛星放送(BS・CS)で新しいチャンネルが始まります。

民放BSは4K放送を、NHKは4Kと8K放送を開始します。なお、今見ている地上波やBS、CS放送(CATV)はそのまま継続して視聴できます。
2011年の「地デジ化」とは異なり、放送が見られなくなるわけではありません。

どんな4K放送がみられるの?

J:COMでは、12月1日から下記の4K放送を予定しています。

新しく始まるBS4K放送

地上波・衛星放送から厳選された人気番組の先行放送などが楽しめる

  • ※BS日テレ 4Kは2019年9月1日の開局予定です。J:COMでの「NHK BS8K」開始時期等は検討中です。

BS民放の他にも
J:COMなら、4Kコンテンツ続々登場!

CS放送チャンネルでは新たに4Kチャンネルを開局します。
J:COMのチューナーならYouTubeの4Kコンテンツもテレビで視聴することができます。

ケーブル4K、J SPORTS、ザ・シネマ4K、ショップチャンネル 4K、4K QVC、J:COMオンデマンド、YouTube

  • ※J SPORTSの一部チャンネルは別途有料となります。

4K放送になると、どう変わるの?

画質が、4倍キレイに!

4K放送は従来の「ハイビジョン」を超える超高画質で、「実際に目で見える色」に近い表現や高速な動きの再現が可能に。
平昌五輪での試験放送が話題になるなど、スポーツ中継の臨場感は特に素晴らしく、2019年のラグビーW杯や、2020年の東京五輪ではさらなる普及が期待されています。

J:COMでも見られるの?

はい。J:COMでは、12月1日の放送開始から
4K放送を気軽にお楽しみいただけるよう、準備しています。

なお、上記新しいチャンネルの他にも、ケーブル4K放送番組をご覧いただけるよう準備中です。

4K対応テレビがあれば、何もしなくても「新4K8K衛星放送」が見られるの?

「新4K8K衛星放送」は、「4K対応テレビ」だけでは見られません。

これまで販売されている「4K対応テレビ」は、12月1日に開局する「新4K8K衛星放送」に対応していないので、
そのままでは視聴できません。「新4K8K衛星放送」に対応したチューナー等を追加することで視聴できます。

  • ※今夏より「新4K8K衛星放送」チューナー内蔵の「4Kテレビ」が発売されています。

〇アンテナ受信の場合

〇ケーブルテレビなどで視聴する場合

4K用テレビは2種類あります!

4K対応テレビ(4Kチューナーなし)

現在放送中の地デジ・BS放送を受信でき、かつ外部入力からの4K映像信号を4K画質で表示できるテレビ。

  • ※「新4K8K衛星放送」の視聴には、別途チューナー等が必要です。
  • ※ 2018年5月以前に発売された4K用テレビはこのタイプです。
4Kテレビ (4Kチューナー内蔵)

「4K対応テレビ」の機能に加え、「新4K8K衛星放送」をテレビ本体で受信できるテレビ。
今夏より一部メーカーから発売開始されています。

J:COMで見る場合は、どうすればいいの?

J:COM TVをご利用中で、4K対応テレビをお持ちのお客さまは、
チューナーを交換するだけでカンタンに見られます。

今設置しているJ:COMのチューナーを、4K対応専用チューナーに交換するだけ!なお、今ご視聴中の地デジやBS・CS放送は引き続きお楽しみいただけます。

  • ※ 画像はイメージです。

光エリアにお住いの方が対象ですこのページの一番上に戻る