【TV】パナソニック製セットトップボックス一部機種のEPG番組表不具合について

平素より弊社サービスをご利用いただき、誠にありがとうございます。
2020年2月以降、TVサービス用パナソニック製セットトップボックスの一部機種で、EPG番組表が正しく操作できない問題が発生しております。また、2020年3月4日(水)以降、対象の機種では番組表自体がご利用になれない見込みとなっております。
お客さまにご不便をおかけしており、誠に申し訳ございません。
下記の改善方法・ご提案をご参照いただきますようお願い申し上げます。


【主な症状】
・ 番組予約の日時表示ができない
・ 時間帯の上下移動ができない
・ 全チャンネル【番組データがありません。「決定」ボタンで取得します】
 「決定」しても番組情報を取得できない

【ソフトウェアバージョンアップで改善できる機種】
次の機種をお使いの場合、お客さまご自身で改善することができます。
対象機種:DCH2000、DCH1820、DCH1520

【改善方法】
お手数ですが、下記の手順をご参照の上、お試しください。

 1. お好きなBSの番組を30分以上続けてご視聴してください。
2. ①の後CATVの専門チャンネルを一度も視聴せず、リモコンで電源をOFFしてください。
3. 電源オフの状態で、下記のスケジュール以降に最新のソフトウェアが自動でダウンロードされます。

ソフトウェアのバージョンアップは、STBの電源がOFFのときに自動的に行なわれます。
バージョンアップは毎日予め定められたスケジュールに従い開始されるようになっており、 リモコンで電源をOFFにしてお休みいただくだけで、自動的に受信され、ソフトウェアがバージョンアップされます。 バージョンアップは、ダウンロードスケジュール時刻の後から約60分程度かかります。 その際、STBの電源プラグは抜かないようにお願いいたします。 

【ダウンロードスケジュール】
毎日12回、以下の時刻頃にアップデートが開始されます。
9:13 / 10:13 / 12:13 / 13:13 / 15:13 / 16:13 / 18:13 / 19:13 / 21:13 / 1:13 / 4:13 / 6:13

 ※開始時刻は、お知らせすることなく変更する場合があります。

ご利用のお客さまにはご迷惑をおかけいたしますが、状態の改善までお待ちいただきますようお願い申し上げます。

このページの一番上に戻る